高齢者の自動車事故で思うこと

時事ネタ

最近、高齢者の自動車事故のニュースが多いですよね。ニュースを聞くだけで悲しくなります。

今日仕事中に車を運転していたら隣の車が物凄く幅寄せしてきました。よく見たら真横にいるのにウィンカーを出してこっちに進路変更してこようとしてきて、ぶつかりそうになったので減速して道を譲りました。その後横につく機会があったのでドライバーをみるとおじいちゃんでした。

お年寄りの方の判断力や俊敏性が全盛期より劣るのは当然です。だからといってバイパスなどでマイペースでゆっくり走り続けているのも危ないですし。

自分の住む新潟県だと車は生活にかかせなく、ある程度元気なら自ら免許を返納するかたは少ないと思います。簡単な話ではないとは思いますが70歳くらいで免許は失効、みたいなルールを作ってバスやタクシーを無料にでもなればいいんですが…

最近ニュースで「上級国民」と呼ばれているおじいちゃんの裁判が始まりましたね。被害者の方は奥様と娘さんを亡くしたということで、他人事だとは思えません。加害者のおじいちゃんも謝罪はしたものの、事故は車の責任で自分は悪くないと。自分が被害者の方だったら、加害者のおじいちゃんに殴りかかるでしょう。ちゃんと非を認めて丸く収めて欲しかったです。

ただ加害者のおじいちゃんも、もちろんわざと事故を起こしたわけでもないし…おじいちゃんにも家族がいて子供がいて、孫もいるのかな?家族の中では良い父、良いおじいちゃんだったりするのかな。なんて考えると複雑な気持ちになります。

家族に高齢者がいる方は、しっかり見守って運転に関してはダメならダメとしっかり伝えてほしいです。ちゃんと免許の返納についても話し合う必要があるでしょう。

あおり運転については、ある程度は思いやりの気持ちを持って運転しましょう。時間にゆとりをもたせるのも大切です。

そしてドライブレコーダーをつけてしっかり自衛しましょう!うちは夫婦共々前後にドラレコ付けてます。リアにはステッカーもつけましょう!

それでは安全運転を。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました