実は明日、基礎コンクリート打設なんですよ

今日初めてブログの閲覧者が1になりました!!!その正体は私が奥様のスマホで見たからです。『もろちゃんブログ』で検索しても10番目位にでてきます。いつかコメント頂いたり、検索で1番上にくるのだろうか…

今日は気密断熱を…語る予定でしたが、現在進行系でマイホームの着工が進んでおります。そして明日は基礎コンクリートの打設です。とても興奮しています。なぜなら私の職業は生コン屋だからです!!生コンと聞いてもピンと来る人は精々、建設土木業界の方だけでしょう。

簡単にコンクリートのことを説明してみます。ちなみに生コン屋になって丁度10年でコンクリート主任技士の資格も持ってます。生コンはフレッシュコンクリートのことで、まだ固まっていない流動性のある状態のものが生コンです。固まったのは硬化コンクリートです。材料はセメント、砂、砂利、水、混和剤(AE減水剤)。セメントに水を加えるとセメントミルク。そこに砂を入れるとモルタル。そこに砂利を加えるとコンクリートになります。コンクリートの材料は全て国内産であり、安価です。今どき珍しく輸入に頼らないですみます。コンクリートはインフラ整備から一般住宅の基礎まで、国土強靱化のは欠かせないものなのです。…みたいなことを論文に書いたような記憶があります。何か間違っていたらコメントお願いします。

明日の打設で使う生コンの配合は『30-18-25N』です。意味を簡単に説明すると、最初の30が強度。次の18がスランプ(流動性、やわらかさ)。最後の25が骨材の最大寸法(25㍉の砂利ですよ)。自分の地域だと天然の川砂、川砂利が信濃川のおかげで採れるんですよ!(これはマニアックな話かもです)

子供の頃の夢といったら『大工になる』でした。理由は4人兄弟で家も狭くいつかは大きな家に住みたかったからです。大きな家でもないし、大工でもないけどコンクリートを通じて家を作ることには携わっている現在。自分も大人になったなと感慨深いです。明日が楽しみです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました