賃貸の換気システムはどんなか気になりませんか?

住宅性能

今日は我が家の換気システムの紹介です。

現在の住宅は24時間換気が義務付けられています。どんな換気システムを導入するかは家造りでも重要になってきます

住宅で使われている換気システムは1種換気と3種換気があります。1種換気は排気も吸気も機械で行い、3種換気は排気は機械で吸気は自然吸気です。

1種換気のメリットは吸気を機械で行うためPM2.5などもとれるフィルター越しでも吸気が可能。熱交換システムの導入により熱と湿度を交換した空気を吸気出来るため電気代が安い。デメリットは熱交換システム自体が高価。

3種換気のメリットは安価。デメリットは夏なら湿度も温度が高い空気を、冬なら湿度も温度も低い空気を吸気することのなる。

それに加えて1種換気、3種換気それぞれにダクト式とダクトレス式がある。

それでは我が家の換気システムの紹介です。我が家といっても現在は大和リビングの賃貸です。結論からいうとダクトレス式の3種換気です。

まずは窓の上のバーコードみたいなとこから自然吸気です。

そしてドアの上のガラリからトイレに行ってトイレの換気扇から排気です。

ホコリ溜まってますね…掃除しなきゃ。ちなみに新たなマイホームは1種換気です!!意外と知られていない賃貸の換気紹介でした。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました