マイホームの燃費計算

キューペックスQpexで冷暖房費の計算!!

早速ですが工務店から頂いた計算結果です!(ちなみに最初のプレゼンの際に頂きました)

Ua値は0.3、Q値は0.99です。C値はブログを見る限り0.1から0.2がほとんどで四捨五入すると0.0というのもありました。

外壁は16Kグラスウール120mmと付加断熱にネオマフォーム45mm。天井はセルロースファイバー350mmです。

燃費に関しては結果の1.5倍かかったりするので、あくまで目安とのことでした。ネットで検索すると細かく条件を入れないと性格な数値はでないみたいです。実際に工務店との細かいヒアリングはなかったです。例えば夏なら外部ブラインド、冬なら断熱ブラインドなどの有無でそれなりに燃費も変わりますしね。

やはり夏より冬の方が電気代かかりますね。理由は左下のグラフを見ると分かります。例えば1月なら自然室温が9.9℃。(自然室温は暖房を付けず日射とか自然にできた室温)室温を20℃にしたいなら10.1℃を暖房で補う必要があります。8月なら自然室温が34.2℃で室温を27℃にしたいなら7.2℃分を冷房する必要があります。こんな感じで冬のほうがエアコンで補う温度が大きいため電気代が高めになります。(もしかしたらエアコンが暖房より冷房のほうが効率よく運転できるのもあるかもです)

実家は平成元年に建てました。そのころの家に比べたらエアコン1台で家全体を冷暖房なんて考えられません。冬は石油ストーブで窓は結露でビショビショでカビだらけ。快適な住宅で過ごし日々が楽しみです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました