ハウスメーカー、工務店選び①

積雪1.5m時耐震等級3、省令準耐火、長期優良住宅…そして24時間冷暖房(床下エアコン)C値0.5以下、G2グレード、更には日射取得日射遮蔽(パッシブ設計)これが我が家の求めるスペック!

C値0.5以下、G2グレードって言うのが中々厳しくて…ホームページを見ても全棟気密測定をしているところが少なく大変です。ホームページにはのってないけど気密測定しているところもあるかもしれませんが、それはPRが下手(お客を満足させるのが下手なんじゃない?)ということで却下。ブログなどの更新の間隔が長いとこも減点です。お客にとってホームページはかなり重要ですよ!特に規模の小さい工務店さん、ホームページもっと頑張りましょう!

ということで、結局4社にしぼりました。

A社。パッシブハウスジャパン会員。設計を担当している建築士の方が営業もするスタイル。構造計算も自社で行う。とても親切で知識豊富な建築士で営業面では4社でNo1。築24年位の中古物件をスケルトン化からリホームしたモデルハウスがありC値0.5以下、G2グレードはクリア。床下エアコン。デメリットは、基本リフォームメインで新築の実績がかなり少ない。新築部門は最近やり始めた。値段は3300万。

B社。年間15棟位の規模。パッシブハウスジャパン会員。ここも設計を担当している建築士の方が営業もするスタイル。C値0.5以下、G2グレードクリア可能。最近のブログではほとんどC値0.2~0.1。気密は4社でNo1。床下エアコン。デメリットは最近とても人気らしく忙しそうでプランとかも時間がかかりました。値段は3000万。

C社。年間20棟いかないくらいの規模。ここは営業さんが営業なので営業トークは上手かったです。C値0.5以下保証、G2グレードクリア可能。床下エアコン。抜きに出た面はないが穴もない感じ。デメリットは間取りが微妙だった(モデルハウスも攻めた間取りだったからある意味納得)。値段は3000万。

D社。一条工務店です。説明ははぶきますか…ちなみにアイスマートです。値段は3500万。

値段は建物と外構込です。だいたい延床面積34坪くらいです。

さて、私はどこの会社に決めたでしょうか??正解はまた明日。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました